小田巻き

  • 2017.05.02 Tuesday
  • 13:30

 

休みの日に限って何故か早く目が覚めてしまう今日この頃...

 

早く目が覚めた朝は、愛車MINIの洗車をするのが最近の日課になってしもうた...

 

ただし、洗車って言っても汚れているからというより、毎週、週末に洗車して車庫に置いたままの1週間後にまた洗車という繰り返し...

 

じゃあ、なんで洗車するの? って思うでしょ?

 

その訳は、毎年、この時期は花粉なのか黄砂なのか分かんないけど、とにかく黒の車体にいっぱい積もってる...

今朝も朝7時に洗車したのに、もうすでに積もってる...11時現在

この状態で1週間経つと、黒い車体が見事に砂埃にでもあったように目立ってしまうため、洗車せざるを得ないわけです...

 

なんて、つまらない独り言は、この辺で...

 

 

 

 

 

 

 

今日は久しぶりに『小田巻き』が食べたくて、ほぼ、となり街? まで来てみました。

本来なら岐阜市内(忠節橋北)にある『おだまきや さかえや』の小田巻きが一番美味しいのですが、自宅からかなり遠いので、ほぼとなり町にあるこのお店でとりあえず...(笑)

それにしても、私が子供の頃は近所に小田巻きやがたくさんあったのに、現在ではほとんど見かけませんね...

 

創業明治28年のお店『浅五郎の小田巻や』

 

別名、鈴木酒店という日本全国から取り寄せた美味しいお酒を豊富に取り揃えているお店で、そのお店の真ん中で小田巻きを作っています。

 

ちなみに、『小田巻き』っていう呼び名は岐阜県内だけで、愛知県では『あんまき』って呼ばれています。

多少、作り方など生地と餡に違いがありますが...

『あんまき』は、愛知県知立市の名物『藤田屋の大あんまき』が一般的に有名ですね。

 

 

個人的には、藤田屋の大あんまきより岐阜の小田巻きの方が好きです。

 

特に、この揚げ小田巻きは私の好物なのです。

 

この揚げ小田巻きは、揚げ立てが一番美味しくいただけます。

 

 

ちなみに、私の生まれ育った街、『岐阜市』では、忠節橋北にある『おだまきや さかえや』が岐阜県内で一番おススメするお店です。

餡がこしあんで大変美味しくて、大きさも同じなのに値段がここ『浅五郎の小田巻や(130円/個)』に対して、60円/個という半額以下の値段で買えますので、コスパ100%以上の『さかえやの小田巻き』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.06.24 Saturday
  • 13:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    recent comment

    profile

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM