グローバー・ワシントンJr. / ワインライト (Grover Washington, Jr. / Winelight)

  • 2017.02.24 Friday
  • 20:01

 

1980年にリリースされた. グローバー・ワシントンJr.の名盤『WINELIGHT』

そう、あの誰でも一度は耳にしたことがある名曲. 「Just The Two Of Us」が収録されているアルバムです。

 

名盤であるこのアルバムの音源を同時に3種類購入しました。

その3種類とは、写真のとおり LPレコードとCD、そして、写真では写せない音源...

つまり、ハイレゾ音源 flac 192kHz/24bit を購入!

 

しかも、LPレコードは、2015年に再販されたオーディオマニア向けの重量版180gというレコード盤です。

 

このアルバムのタイトルでもある1曲目の『Winelight』が一番好きなのですが、好きなのは曲だけではなく、演奏しているメンバーが次のように『豪華すぎ!』なのです。

 

グローヴァー・ワシントン Jr.(sax)
ビル・ウィザース(vo)
ラルフ・マクドナルド(perc)
スティーヴ・ガット(ds)

マーカス・ミラー(b)
エリック・ゲイル(g)
ポール・グリフィン(key)
リチャード・ティー、ビル・イートン(key) 他
 

特に赤文字のアーティストのなかでも、私の尊敬するドラマー『スティーヴ・ガット』なので買わない理由が見当たりません!

 

ところで、1980年にリリースしたアルバムをなぜ今買うの? っていう疑問は当然でしょうね。

 

実は、先日2/18(土)のオーディオフェスタ2017 in 名古屋のイベントにおいて、ハーマンインターナショナルのブースで再生していた曲がこのアルバムの『Winelight』だったのです。

 

しかも、マークレビンソンとJBL、共にフラッグシップという、これも豪華な機器ばかりで...

当然、『Winelight』が最高にご機嫌な音で鳴っていました!

この視聴会に参加した時、このアルバムのハイレゾ音源とアナログレコードとの聴き比べを聴いて、帰宅後に早速購入したということです。

 

つまり、ハイレゾ音源の魅力とアナログレコードの魅力に魅せられたのです...

私の愛機JBL4343も、JBLのProject EVEREST DD67000と同様に、『Winelight』をご機嫌な音で鳴らそう!

と、今も自室である音楽室にて JBL4343から流れている『Winelight』を聴きながらこのブログを書いています。

 

...そうそう...

 

結局、私はハイレゾ音源も良いのですが、やはりアナログレコードで聴く『Winelight』が最高にご機嫌です!

 

 

 

 

 

またもや、つまらない...独り言でした...(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
はじめまして。車と飲み歩きが趣味で全国の居酒屋を巡っていましたが、丁度行きつくしたときに、このブログでオーディオの世界を知りました。
自分は39歳で、周りにこのような趣味の人がいなかったのですが、実に楽しい世界ですね。
機材はアキュフェーズC3850、A70、DP720にB&W800D3です。
物凄い音で満足してます。
しかし、実家なのでデカい音が出せません。
防音室はいいですね、これは僕には無理なので羨ましです。
改造したら親が切れるので・・・。
やはり違いますか?
ちなみにレーコドは個人的に興味がないCDとスポティファイからノードストUSBでDAコンバーターに入れてます。
殆どネットの音ばかり聞いてます。CD入れ替えなくていいし曲が多くて楽なんですよね。 
池波さん、はじめまして。

防音室の存在は大きいです。
深夜・早朝など、気にせずに好きな音楽を好みの音量でストレスなく聴くという行為はたまりませんが、池波さんが所有されている素晴らしいシステムには敵いません...
逆に羨ましい限りです...。
  • ナオ
  • 2017/11/29 10:59 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM